正月にふさわしい贈り物|女の子の為のひな祭り|各家庭に合わせてお祝いしよう

女の子の為のひな祭り|各家庭に合わせてお祝いしよう

ガール

正月にふさわしい贈り物

羽子板

羽子板は女の子の初正月に邪気を払い、美しく健康に育つようにと願って贈られるもので、これが遊び道具や飾り物として使われるようになったのは室町時代と言われています。また、羽には「むくろじ」という木の種がついていますが、これは「無患子」と書き、「子どもが患わないように」という祈りをこめて使われていると考えられます。さらに羽子板の羽が飛ぶところはトンボに似ており、トンボは蚊を食べることから、羽子板には子どもが蚊にさされないようにというおまじないの意味もあるとされています。羽子板は12月中旬以降に飾ると良いので、贈る場合はお正月に向けて飾りやすい時期を選ぶようにすることをお勧めします。さらにこれには、遊んだり競技に使うようなものと飾るためのものの2種類があるので、その点に関しても良く考えて贈ると良いでしょう。

羽子板には職人の技を徹底的に活かした芸術品のような高価なものから、子どもが家族や友達と一緒に気軽に遊べるようなリーズナブルなものまで、いろいろなタイプがあります。子どもの初正月に贈る場合は一生に一度のことなので、記念になるような素晴らしい羽子板を贈りたいと考えるのは当然のことです。でも、大切なのは受け取った相手が本当に嬉しいと感じることであり、飾る場所や親達のライフスタイル、性格なども考えて、その家庭にふさわしいものを贈ることをお勧めします。なお、羽子板には新年の飾り物としての意味も大きいので、子どもの初正月以降でも、時代に合った絵柄や子どもに人気のある可愛いデザインのものを贈ると喜ばれるでしょう。