桃の節句ののしきたり|女の子の為のひな祭り|各家庭に合わせてお祝いしよう

女の子の為のひな祭り|各家庭に合わせてお祝いしよう

ガール

桃の節句ののしきたり

雛人形

自分の子や孫への贈り物

雛人形というのは、代々家に伝えられていた風習がありました。しかし、人形メーカーの雛人形は毎年売れ続けています。今の時代の親や祖父母が、自分の子や孫への贈り物として買っているのです。それでは、代々続いた雛人形の存在はどうなるのでしょう。すでに本家を離れた家族には、あまり関係ないとも言えましょう。しかし、自分の子供に新しい雛人形を用意した後で、由緒ある雛人形が見つかったという事例もあります。古い人形は、七段飾りの豪華なもので、新しい住宅に飾るのは場所塞ぎになります。この人形の扱いに困る人も多いと言います。そのような場合は、郷土資料館に協力を求めるのも賢明な方法です。古い文化財として引き取ってもらえるからです。

新しいお雛さまの特徴

今のお雛さまの人形は、所謂内裏雛で、お雛さまとお内裏さまの2体のみの販売が主流になっています。この形式であれば、スペースが限られているマンションやアパートにも飾れます。また、雛人形は3月3日には仕舞わないと、女の子がお嫁に行けなくなるという言い伝えもありましたが、現代人はそんなことは気にしなくなりました。雛人形を一年を通じて飾る人も多いと言います。雛人形を買ってもらった女の子も、お雛さまを暗い倉庫の中に仕舞うのを嫌がる子も多いそうです。一年を通じて展示される雛人形は、お雛さまの新しい形となりつつあります。今後は、年間を通じて雛人形を見る機会も増えることでしょう。今の親は、女の子のお嫁入を危惧することは少ないのです。