女の子の為のひな祭り|各家庭に合わせてお祝いしよう

ギフト

桃の節句ののしきたり

雛人形

雛人形は代々伝えられたものですが、最近は、子供や孫への贈り物として主流になっています。古い豪華なお雛さまは郷土資料館などに引き取られています。最近のお雛さまは、お雛さまと内裏さまの2体売りが主流です。3月3日に雛人形を仕舞う風習も薄れつつあります。

Read More

小学生の重要アイテム

子供たち

6年間使うランドセルは、丈夫で飽きのこないものを選びたいものです。丈夫で手触りも良く、高級感のある牛革のランドセルはプレゼントにも最適です。入学時から卒業までしっかりと形を保ち、毎日の登下校を共にできるランドセルです。

Read More

女の子の幸せを願って

ひな人形

余裕を持って大切に

女の子の健やかな成長を祈って行われるひな祭りは、最も古いお雛様の原型は奈良時代には生まれたとされています。3月3日を過ぎるとお嫁に行くのが遅れるなどの言い伝えがある中、飾る基準は大体2月3日の節分の後からひな祭りの準備をするといいでしょう。場所によって農耕の準備をする2月18日19日といったところもありますが、デリケートなひな壇も焦ってすることなく余裕を持って飾り付けることが長く大切にする秘訣と言ってもいいでしょう。そんなひな壇も変化を遂げ、昔は場所を取る7段のひな壇を用意する家庭が極一般的でしたが、最近では住宅事情に合わせて2段であったり、ケース入りのものであったり、着物の色合いも朱色や青を基調としたものではなく、パステル調や中間色の着物であったりとバリエーションも増え購入者がニーズに合わせて買えるようになっています。

適正表示優良店

ひな祭りの購入は今では店舗だけではなくネットからでも購入する事ができます。中でもネットで購入する際に気を付けておくことは適正表示優良店という表示があるかをしっかりチェックしておくことをお勧めします。これは二重価格表示や製造直売表示から広がる不利益をなくす為に適性な価格で販売していますと照明するものです。ひな壇も7段になりますと20万から高くて100万を超すものまであります。しっかり見極めて購入していただきたいのと、買ってもなんだか違ったなどの理由で返品が可能かも購入店に確認しておくといいでしょう。失敗したからまた買うといった気分で買うものでもないので納得して購入し長く愛用することが良いひな祭りであり、女の子の幸せだと言えるでしょう。

正月にふさわしい贈り物

羽子板

羽子板は本来、女の子の初正月に厄除けと健康を祈って贈るもので、室町時代からの長い歴史を持っています。これには遊びや競技用のものと飾るためのものの2種類があり、様々なタイプから選べるので、贈り先の家庭のことを考慮して本当に喜ばれるような羽子板を贈ることが大切です。

Read More